占いが当たらない人、3種って?・(* ̄◎ ̄*)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占いが当たらない人、3種って?


占いが当たらない人っていうのが、いるんだって。
どういう人だと思う?
それは・・・

① 親孝行する人
② 小食の人
③ 陰徳を積む人

の3つなんだってさ。
わかるような気もするけどね~。

この種類の人たちは、たとえ凶の運相が出たとしても、
ぜんぜん、その影響を受けないんだってさ。
凶運を跳ね返すことができちゃうんだって。
へえ~、すごいね~。

親孝行というガラじゃないしなあ。
陰徳を積むなんてのも、ぜったい無理だなあ。
すると、残るは「小食」だけか!

 ・小食(大食をやめる)
 ・粗食(カロリーを抑える)
 ・咀嚼(しっかり噛む)

咀嚼、つまり、よく噛むことで、過食を抑えて肥満を防ぎ、
胃液のバランスが調整されて、胆汁・膵液が十分に分泌される。
インシュリンの働きを高めて、糖尿病を予防し、
糖尿病の治療にも効果的、なんだって。

昔の食事は今とは大違いで、非常に粗食だったんだってね。
それでも筋肉は引き締まって、
気迫も気力も、現代人とは比較ならないほど充実していたそうだ。

栄養過剰で、インシュリンが皮下脂肪を増やし、
血液も酸毒化して病気を促進させてしまう。
そして、エネルギーとなる糖質のバランスが崩れてしまう。

腹七分目!
カロリーを自らの身体が燃焼できる範囲が理想で、
体重が変わらないことが望ましい。
カロリーをスムーズに燃焼させる。

う~ん、きびしいね~。
でも、明日から頑張るぞ~。
スポンサーサイト
Copyright © 【噂】 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。