看護師と准看護師の違い・(* ̄◎ ̄*)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師と准看護師の違い


看護師の資格を取るためには、専門学校や大学などの専門教育機関を卒業する必要があるよね。
このあいだ訊いたら、2年間で、学費は200万円なんだって。
自治体によっては、条件付で支給してくれるところもあるらしいけど・・・

現在、日本では、看護師が慢性的に不足している。
いちど看護師として病院などで働いていたものの、結婚して退職し、そのまま職場から離れていく人も多い。
「休眠看護師」と呼ばれる看護師資格保持者たちの職場復帰が推進され
なきゃなんないよね。

これからも、看護師は多くの需要があり続けるだろう。
いくら医療技術が進歩しても、薬ひとつで病気やケガが治るというわけではない。
ある程度以上のケガ、あるいは病気をしたときは、病院に入院して治療することが絶対に必要だからね。
だからこそ、看護師という職業が不必要になることなどない。

看護師資格は、看護師と、准看護師の2種類がある。
資格の種類によって業務内容が大幅に変わる、というわけではなく、
どちらの資格でも、ほとんど同等の看護業務を行うことになります。
しかし、実際は、給与水準は准看護師のほうが看護師に劣るんだ。
将来的には看護師資格に一本化される方向だ。
スポンサーサイト
Copyright © 【噂】 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。