マグロの将来・(* ̄◎ ̄*)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグロの将来


世界的な寿司ブームの到来で、クジラのようにいつか食べられなくなる日が来るのかな?
マグロのことだ。
心配だなあ~。

マグロは、縄文時代から食べられていたらしい。
これは、貝塚からマグロの骨が出土したことから分かった。
しかし、江戸時代の後期までは、マグロは下魚扱いだった。
マグロは腐りやすいからね。
やがて、宴席にも用いられるほどに地位が向上したが、
天保3年、豊漁でマグロが安値になり、刺身や寿司として広く食べられるようになった。
腐りやすいので、マグロを醤油漬けするようになったわけだ。
それで、日本人はマグロが食べるようになった。

戦前まではマグロは大衆魚で、赤身の部分が生食されていた。
脂身の部分であるトロは、腐りやすいことから不人気で、もっぱら加工用だった。
トロは、捨てられたりしていたらしいよ。
しかし、日本人の嗜好が変わって、1960年代以降、トロは生食用に珍重されるようになった。

かつてアメリカやオセアニアでは、トロの商品価値が低く、需要がなかったので、
日本の商社はトロを安価で購入することができた。
しかし、世界的な寿司ブームの影響でトロに対する需要が起こり、
むかしのような値段では買えなくなっちゃったんだね。
スポンサーサイト
Copyright © 【噂】 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。