旅行業務取扱管理者・(* ̄◎ ̄*)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行業務取扱管理者


旅行業務取扱主任者は2005年度の制度改正で、旅行業務取扱管理者に変わった。
この資格は、旅行業務全般を取り扱う資格だ。
旅行業界で、唯一の国家資格。

旅行業務取扱管理者は旅行会社の支店・営業所の責任者として旅行業務を取り扱うのに必要。
国内旅行のみを取り扱うことのできる国内旅行業務取扱管理者、
海外旅行も取り扱うことの出来る総合旅行業務取扱管理者、の2種類がある。

旅行業法で、旅行会社はこの「旅行業務取扱管理者」を支店・営業所毎に1人以上
選任することを義務づけられている。
この資格がないと、旅行会社(旅行代理店)は開業できない。

旅行業務取扱管理者の資格の試験には、受験資格の条件はない。
試験は、それぞれ年1回だけ。
国内管理者の資格を取得したあとに総合管理者の資格の試験を受験する場合は、
試験科目が一部免除される。
旅行業に従事している人で、全国旅行業協会や日本旅行業協会の研修を修了することでも。
試験科目が一部免除される。
スポンサーサイト
Copyright © 【噂】 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。