神秘の倍音唱法・(* ̄◎ ̄*)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神秘の倍音唱法


倍音唱法(ばいおんしょうほう)とは、ひとりの人間が複数の音を同時に出す喉歌だ。
歌声に含まれる倍音(基音振動数の整数倍である上音)を強調するもの。

モンゴルのホーミー。
ロシア連邦トゥバ共和国のホーメイ。
倍音唱法では、これらが有名だ。

CD屋に行けば、ホーミーのCDは何枚か並んでいるはずだ。

モンゴルを訪問したとき、男が楽器を持って歌いだした。
その楽器を見てこれが馬頭琴かと思ったそのとき、彼の歌声を聞いて驚いた。
ひとりの人間が同時に違う声を出している!

声帯を振動させながら気管等を共鳴させることによって歌声を出しているわけだね。
あのときは、ホントにびっくりした~。

ホーミーのCDは、なかなか寝つけないときに子守唄の代わりに聴くのにもよいと思う。
スポンサーサイト
Copyright © 【噂】 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。