宅地建物取引主任者・(* ̄◎ ̄*)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宅地建物取引主任者


宅地建物取引主任者の試験のことを、略して宅建と呼ぶ。
国土交通省管轄の国家資格だ。
受験資格に、特別の制限はない。
この資格は筆記試験が基本だが、ある一定の登録講習を受講すると筆記試験が一部免除される。

土地や建物など不動産の取引・仲介などを仕事として行うことを宅地建物取引業(宅建業)という。
宅建業を営むためには、各事業所ごとに最低1人、5人に1人以上の割合で、
宅地建物取引主任者(宅建主任者)を配置しなければならない。
不動産取引は高額になる場合がほとんだだよね。
専門的な知識も必要になので、法律的に適正な契約を行うことと消費者の保護を目的として
このような資格制度が定められているわけだ。

宅建業者は現在13万社。
資格を所有し登録されているのは80万人。
そのうち資格を実際に利用して宅建業に従事している人はおよそ25万人。

今後も、この資格の価値が落ちているというようなことはない。
わりと簡単な資格なので、取っておくべきだろう。
おすすめの資格だ。
スポンサーサイト
Copyright © 【噂】 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。